立ち仕事 腰痛対策

腰痛の気になる原因

女性接客

 

接客業などの立ち仕事の方で、腰痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか。腰痛を我慢しながら仕事を続けていると、お客様に笑顔で応対したり気配りしたりすることが難しくなってしまいます。腰痛の原因をはっきりさせ、改善対策を早めにとっていきたいものですね。

 

疑問
気になる「腰痛になる原因」にはどんなことが考えられるのでしょうか。

 

 

答え
長い間立ったままの姿勢を続けていると、その姿勢を維持するために足腰の筋肉が緊張するといわれています。緊張すると、筋肉に疲労の目安とされる乳酸がたまります。この乳酸がたまりすぎてしまうことで、筋肉がかたくなる→血管を締め付ける→血液の循環が悪化する、という悪循環が生じることになります。

 

実際、腰痛の人、または腰痛の前兆が出始めた状態では、腰を支える筋肉のかたさに左右差が出るケースが多いのだそうです。結果腰を支える機能にアンバランスが生じ、大きな負担を強いられることになるのです。

 

 

血液の循環が悪くなると何が起こるかというと、筋肉に酸素や栄養が行かなくなってしまうのです。

 

 

この「酸素」が腰痛原因解明のキーワードになりそうです。

 

酸素不足の影響

深呼吸

 

私たち人間が生きていくためには、酸素は必要不可欠です。身体を動かすためには、食事をして得られる栄養と呼吸時に取り入れた酸素とでエネルギーに変えることが必要です。酸素をエネルギー源として燃焼させると、老廃物として炭酸ガスが発生します。

 

 

この炭酸ガスがたまることで、脳や心臓など、体内の臓器の動きが悪くなるのです。

 

以上のことから、身体は酸素を常に供給し続ける必要があるのです。

 

 

私たちの身体は、毎日大量の酸素を消費しています。ここで酸素供給が十分にできないと、身体の不調につながってきます。酸素不足がもたらす不調の身近な例としては、

 

  • あくびが出る→脳が酸素不足に陥っており、体内に酸素を取り入れようとしていることの表れ。
  • ダイエットしても痩せない→体内の酸素濃度が低く、脂肪燃焼効果が薄くなっているため。
  • お酒が残りやすい→血中アルコール分解力が低下してしまうため。

といったことが挙げられます。

 

腰痛に関しても、この酸素不足から起きている可能性が高いと考えられます。

 

 

日本人は慢性的な酸素不足に陥っているとも言われています。では、酸素不足を解消するためにはどんな成分が必要になるのでしょうか?

注目成分「スクワレン」

水の泡

 

酸素不足に陥ると、身体のあらゆるところに不調が現れることについて紹介してきました。それでは、体内の酸素を補給するためにはどのようにしたらよいのでしょうか?

 

 

そこで注目したいのが「スクワレン」という成分です。スクワレンとは、鮫類の肝臓から採取される肝油から多く精製される「不飽和脂肪酸」と呼ばれる酸の一種です。人間の体に不可欠な脂肪酸であり、深海鮫エキスとも呼ばれています。

 

 

新陳代謝を活性化する効果、血液を浄化する効果、美肌効果、肝機能障害を改善する効果、免疫力を高める効果など、多くの効果が期待されています。

 

 

このスクワレン、身体にとりいれることにより、体内にある水を還元し水素を取り込むことで酸素を発生させる性質があります。この酸素が血液によって体中をめぐり、酸素が不足する細胞へ補給されます。このことからスクワレンは「酸素の運び屋」といわれることもあります。

 

疑問
ではこのスクワレンをどのようにして摂取するのが効率的なのでしょうか?

 

答え
量の面でも質の面でももっとも効率的な摂取方法は、鮫肝油のサプリメントです。スクワレンはオリーブオイルなどにも含まれていることから、食品からも摂取は可能ですが、その量はごくわずかです。かつ、純度の面でも難があるとされています。

 

立ち仕事などで腰痛対策を考えている方は特に、酸素供給のために純度の高いスクワレンをサプリメントで効率よく補うようにしたいものです。

 

【おすすめ関連ページ】

おすすめのスクワレンサプリメントとは?>>>